ティーンタール公式チャンネル
 
ティーンタール
ホーム
ITEM INDEX
インド打楽器・タブラ
タブラ アイテム一覧
タブラ・スタンダードセット
タブラ Limited / 単体
バヤン Limited / 単体
トラベルタブラ
タブラの皮、バヤンの皮
皮の張り替え代行
タブラのメンテナンス
インド弦楽器・シタール
シタールアクセサリ一覧
ミズラーブ・シングル
ミズラーブ・ダブル
シタール弦・楽器の弦
超撥水シタールケース
インド民族楽器
インド楽器アイテム一覧
サロードのピック・ジャヴァ
インド弦楽器の弦
衣類・ボトムス
ネオフィッシャーマンパンツ
タイパンツ
衣類・ファッション小物
ルドラクシャ・マーラー
ベナルジーサンダル
美容と健康
ステンレス製 鼻洗浄ポット
□ CORNER
タブラについて
バヤンについて
カディについて
ティーンタールも参加しています!チームマイナス6%
ティーンタールはフェアトレード(公平貿易)を推進しています
わたしたちは
フェアトレード(公平貿易)
エコロジー活動を
推進します

 CORNER > タブラについて > タブラのチューニング



タブラについて


タブラ

タブラのチューニングについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

タブラの皮は、革紐によって、均等なバランスで張られていないと音は鳴りません。
タブラの皮が均等なバランスで張ってあることが基本になります。

タブラ演奏を観ていると、演奏の途中でもチューニングを直しているところを見かけます。
長時間タブラを叩いていると、皮の張りの均整が崩れ、チューニングがずれていきます。

そういう時は、ハンマーを使いヘッドの皮の縁編みこみ部分(マラーイー)を軽く叩いて調整します。
それでもあまり変化がない場合は、革紐を掛けてある木駒(グッリー)を、ハンマーで叩いて下げて張り具合を調整します。

タブラのチューニング
皮の張り具合のバランスを見るために、おおまかに 4か所でチェックします。
,鉢△離船磧璽謄ーを、オープンサウンドのティンを鳴らす要領で音を鳴らして下さい。

2か所の ↓△蓮△修譴召貽韻献丱薀鵐垢任△襪燭瓠同じ音になります。
,鉢△里匹舛蕕に合わせるように整えていけば、全体の均整がとれます。

,茲雖△諒が高いキーでしたら、,里箸覆蠅離泪蕁璽ぁ爾魴擇叩いて△離ーに合わせるようにします。
厳密なチューニングをする前に、皮の張り具合の均整を整えるのが重要です。

タブラのチューニング
タブラのチューニング
タブラのチューニング
音階を上げたいと思ったら、ハンマーでマラーイーを上から叩きます。
音階を下げたいときは、マラーイーを下から叩いてください。
軽く叩いただけでも変化しますので、様子を見ながら行ってみてください。

タブラの皮の表面や、革紐を叩いて傷つけないように気をつけてください。

マラーイーを叩いても変化がない時は、革紐を掛けているグッリー(木駒)を下げて、革紐の張り具合がきつくなるように調整します。

タブラのチューニング
革紐を掛けたグッリーが下りきったら、2本目の革紐をグッリーに引っ掛けます。
1個のグッリーに、計4本の革紐を引っ掛けることができます。
革紐を掛ける順番がありますので確認してください。

タブラのチューニング
グッリーに革紐を引っ掛ける作業では、チューニングハンマーを使います。
革紐を引っ掛けるときに、左手の親指でグッリーを前に押すのがコツです。

タブラのチューニング
ジリジリという濁った音が聞こえているという場合、シャヒィの粒が浮き上がっているからです。
汗で湿った手のすべりをよくするために、タルカムパウダーを頻繁に使うと、シャヒィの隙間にパウダーが入り込み、シャヒィの状態が悪くなります。
使いすぎには注意してください。

職人道具のローリー、ワインボトルの底のツルツルした個所を使い、シャヒィを擦り付けると、
ジリジリという濁音は少しおさまります。

シャヒィは最も繊細な箇所なので、作業の際は細心の注意が必要です。
悪化したシャヒィは、完全に修復することは難しく、新しい皮に交換することをおすすめします。






タブラ
タブラについて
タブラの作り方
タブラのチューニング
タブラの皮の張替え
バヤンの作り方


リユース
ここ近年、旅をしていると環境汚染がとても気になります。
当店でお買い上げ商品の梱包は、資源の節約、自然環境を配慮して、
ほとんど汚れていない不要になったショッピングバッグやダンボール箱、
新聞紙や再生紙を利用したクッション材などを再利用しています。
ご協力、ご理解のほど、よろしくお願いします !

ティーンタールからメッセージ

当店の全商品は、店長が直接インドに出向いて吟味厳選して仕入れた商品と
当店でデザイン、オリジナル制作した商品のみを販売しています。
どこにも売っていないもの、良質なインド雑貨を求めているかたにお薦めです。

インドならではの伝統技法、伝統素材を駆使して職人さんたちが作った商品と
お客さまとの出会いの架け橋として、ずっとサポートしていければと願っています。

選りすぐりインド雑貨 タブラ工場契約 手紡ぎ手織り布,カディ どこにもないこだわりのオリジナル商品
© T e e n T a a l
P u r e I n d i a n E s s e n c e